facebookのPHP-SDKを使わずに自力でウォール書き込みまで実装(´Д⊂ヽ

先日のエントリーで、PHP-SDK使えば超カンタンだぜ!的に書いたんですが、ワタクシのお客様がWebARENAの共用サーバを利用しておりまして、そのサーバのPHPのバージョンが5.1.6だったため、PHP-SDK自体が使えませんでした。・゚・(ノД`)・゚・。(まぁPHP4じゃないだけマシっちゃーマシですね)

どこにも書いてない(探せなかった)んですが、「json_decodeを使っている」ってことは「PHP 5 >= 5.2.0」なんですね。

てわけで、自力で実装してみました。
とは云ってもフルスクラッチは時間がかかって仕方ないので、PEARだけは使わせて頂きます!

続きを読む facebookのPHP-SDKを使わずに自力でウォール書き込みまで実装(´Д⊂ヽ

facebookのPHP-SDKで、ウォールに書き込んだり、フレンドリストを取得したり。

TwitterのAPIはほぼマスターしたんだけど、facebook APIはまだ触ってみたことなかったのでいざ挑戦!ってわけです。
まぁたまたまそういう仕事が来そうだったので予習です、予習。


facebook DEVELOPERSというサイトに各種ドキュメントがあります。

続きを読む facebookのPHP-SDKで、ウォールに書き込んだり、フレンドリストを取得したり。

PHPで、配列の歯抜けを詰めたい!で痛感した柔軟な思考について。

いやぁー痛感しました。

Array
(
    [0] => ルフィ
    [1] => ゾロ
    [4] => ウソップ
    [7] => ナミ
)

てな配列があって、これを

Array
(
    [0] => ルフィ
    [1] => ゾロ
    [2] => ウソップ
    [3] => ナミ
)

ってな感じに詰めたかっただけなんですよ。PHPならそれっぽい配列関数がありそうだけど無かったから、面倒だけど

$from = array(0 => 'ルフィ', 1 => 'ゾロ', 4 => 'ウソップ', 7 => 'ナミ');
$to = array();

$i = 0;
foreach ($from as $tmp) $to[$i++] = $tmp;

ってやってたわけですよ。

でもね。でもね。ぜーーーったいもっと楽チンな方法はあるはずやん!って思って調べてみたですよ。

そしたらね。こちらのコメントにすばらしいアイデアがありましたよ。

$ary2 = array_merge($ary1);
print_r($ary1);
print_r($ary2);

のほうがよくない?

って。

なーるーほーどー(the world)

そもそも、array_merge()って関数は、配列1と配列2の配列をマージするってモノですよ。そもそも最適化するってモノではないのですよ。

けど、このアイデアをくれたhogeさんは、PHPマニュアルのarray_mergeの説明にある、

入力配列の中にある数値添字要素の添字の数値は、 結果の配列ではゼロから始まる連続した数値に置き換えられます。

という部分を利用したんですよね。

「この機能は○○するものである」という部分だけに注目しちゃダメなんですねー。いやぁ参考になりました。

PHPで、リモートのファイルが存在するかをチェック!

はい、備忘録です。

PHPで、allow_url_fopenが有効となっている場合には、http経由などのリモートファイルをオープンできます。fopenは、オープンに成功すればファイルポインタリソース、エラー時に FALSE を返す、ということなので、ファイルが存在するかをチェックすることも可能(だと思います、いまのところ支障なさそうなので)。

<?php
//http://example.com/favicon.ico が存在するかチェック
$fp = @fopen('http://example.com/favicon.ico', 'r');

if ($fp)
{
	echo 'あった!';
	fclose($fp);
}
else
{
	echo 'あれ?ないかも??';
} 

続きを読む PHPで、リモートのファイルが存在するかをチェック!