PHPで32文字16進数のユニークIDの作成すには?

はい。備忘録です。

uniqid() でユニークなIDを作成するにあたって、同一ミリ秒で作成されるIDが重複するのを避けるためにmt_rand() の乱数を引数にいれて、さらに32文字16進数のハッシュを作成するのにmd5() で整いました!

スポンサードリンク

お名前.comのVPSで、メールの内容をプログラムに転送。

はい。備忘録です。

以下、自己責任でお願いね。

まずは、VPSのコントロールパネルから、目的のメールアドレスを登録。
(これは必要かどうか不明)

/etc/postfix/virtual_alias_maps に次の1行を追加

(メールアドレスを変換の意)

この設定を、

で、virtual_alias_maps.db を更新。

で、変換後のregist で受信したメールの内容をプログラムに渡す。
/etc/aliases に次の1行を追加

この記述の後に

を忘れずに。

最後に

(postfixの再起動)で完了。

続きを読む お名前.comのVPSで、メールの内容をプログラムに転送。

たった1分でHTML5(♥)に変身。

昨日、HTML5 Tech Talk @Fukuokaというイベントに行ってきたんだけど、デモンストレーションを期待して行ったのに、仕様の話ばっかりで、脳ミソがいい感じに茹で上がった感じ。

半日聴講して何もしないのもアレなので、とりあえずこの辺に一応触発されて、このブログもHTML5で書き換えてみた。

つっても

と、

くらいしかやってないんだけど、これで立派なHTML5!ということらしいよ、知らんけど。

GoogleMapsの地図上で、東経北緯(緯度経度)を取得したいの。

追記:Google Maps API V3版(ソース付き)公開しました。

ま、個人的にお仕事で使っているだけのツールなので、皆様方はお気になさらぬよう。
また、便利機能追加の依頼なんてのはもっての外ですよ。


Google Maps Hacks 第2版 ―地図検索サービスをもっと活用するテクニック
Rich Gibson Schuyler Erle
オライリー・ジャパン
売り上げランキング: 108668

Amazon WebサービスのSimple Store2(電子著名版)を公開。

とりあえず、Amazon Webサービスを使ってみたい!と思っている方々は、Amazon Associates Web Service Simple Store in PHPを利用しているみたい。

従来はこちらのシンプルストアで充分だったんですが、2009年8月15日から認証のための電子署名が必要となりました。残念ながら、本家のサンプルがこの電子著名に対応しておらず、また、対応する気もないらしく。

というわけで、電子著名対応と、あわせてPHPのコードもちょいと自分風にして公開してみました。本家がApache License 2.0なんで、問題ないのかな?

デモサイトはこちら
SimpleStore2ダウンロードはこちら

ホントならこちらに投稿するべきなんでしょうが、なにぶんワタシの英語力では対応できそうになく・・・。