Twitter API 1.1化するにあたっての最低限の押さえどころ。

TwitterのAPIバージョンが1.0から1.1になり、いろいろ仕様が変更となりました(公式ドキュメントはこちら)。

トークン(アプリ利用ユーザー)が10万を超える場合には許可が必要!という制限がついたことで、ディベロッパーがキャンキャン吠えてますが、Webサイトでキャンペーンを行うに当たってのアプリ程度ならなんのアタリもありません( ー`дー´)キリッ

でもまぁ仕様が変わるってんで、とりあえず自前のサービスであるtwitSandboxを1.1化してみて、おおよそココをチェックしておれば大丈夫!というところをまとめてみました。

続きを読む Twitter API 1.1化するにあたっての最低限の押さえどころ。

twitSandboxをTwitter Bootstrapで再構築してみた。

HTMLマークアップのプロフェッショナルではない僕が、オレオレ流儀ではなく標準化されたHTMLコーディング作法でページを作るのはどうしたものか。

と考えていた次第ですが、既存のフレームワークに乗っかるのが一番早いかなぁと思いまして。
とりあえずTwitter Bootstrapあたりが良さげかなぁと思いまして。
練習の意味も込めて、twitSandboxのHTMLまわりをガッツリ改修してみました。
ちなみに改修前はこちら

まぁだいたいの作法は学べたので、次から納品する管理ページ関連のお仕事にはTwitter Bootstrapを使わせていただきますね。
今後とも宜しくお願いいたします。

ライフハッカーさんが「ブラウザのホーム画面を時計にすると、いろいろ捗る」と仰るのでJS版を作ってみた。


https://blog.motoo.net/etc/homeClock.html

ブラウザのホーム画面を時計にすると、いろいろ捗る : ライフハッカー[日本版]という記事を見て、そこで紹介されているThe Colour Clockというサイトを眺めてみたけど、どうにもこうにもしっくりこない。たぶんFlashであることや、オフラインで使えないことや、時・分・秒をRGBに置き換えると時や分を超えるときに急な色変化があることなど諸々あったので、アイデアだけパク……参考にさせて頂いて、JS版を自分向けに作ってみた。

続きを読む ライフハッカーさんが「ブラウザのホーム画面を時計にすると、いろいろ捗る」と仰るのでJS版を作ってみた。

facebookアプリ開発用テストユーザー作成ツール。

【追記:2012.07.17】
このブログ上ではなく、Webサービスとしてテストユーザー作成ツールを公開しました。
fbSandbox
とは言っても、もうfacebookのアプリ管理画面から直接テストユーザーが作れるようになったみたいですけどね。
テストを募るけど、アプリ管理画面は知らせたくない!という時に、アプリIDと秘密鍵だけを知らせてお使いください。

facebookって、実名アカウント以外はbanされるということで、facebookのアプリを作る際には自分のウォールを汚しながらの開発でした。アプリからウォールに書きこんではウォールから削除の繰り返し。その間、他のユーザーから覗かれては「何してんの?」ということもしばしば。

Twitterは実名アカウントじゃなくても大丈夫なので、テストアカウント作り放題。facebookはなんでこうも面倒なの!?と思っていたら……、そりゃありますよね、当然。

公式のドキュメントはコチラ(Test Users – Facebook Developers)ですが、こちら(facenavi)では日本語で解説してくれています。

それでも、都度このオペレーションをやるのも面倒なので、ツール化しました。

↓こちらでどーぞ。

あくまで開発用のテストユーザーなので、実際のアカウントのようには使えません。以下のように縛りがあります。詳細はコチラ(Test Users – Facebook Developers)のLimitationsの章にてご確認のほど。

  • テストユーザーとしてログインしても、実運用中のアカウントは見えないし、友達申請もできないし、どうもこうもできません
  • テストユーザーはfacebookページにアクセスしても「いいね」できません。けど公開中のfacebookページを見ることはできますよ
  • 同開発者によるテストユーザー同士はアクセスしたりゴニョゴニョしたりも大丈夫
  • テストユーザーを通常のアカウントに移行することはできません

てな感じでそこんとこ夜露死苦。

追記:と、ここまで書いて投稿して、小粋空間さんテストユーザー作成ツール(フル機能版)を公開していたのを発見しましたので、こちらを使うほうが良いと思います(爆

Twitter APIの動作を確認できるtwitSandbox、最新版に対応。

去年から公開していたhttp://twitsandbox.com/ですが、結構な数のメソッドが非推奨になっていたり、いろんなパラメータが追加になっていたりで、SearchAPIが標準になっていたりと、この1年でかなりの変更がかかっていたにもかかわらず華麗に放置していたので、お仕事が一段落した先々週あたりから、アップグレードしてみました。

需要はかなり少ないと思いますが、誰かのお役に立てればこれ幸い。