気がつけば、フリーランスになって10年経ちました……。

気がつけば10年。
思えば遠くへ来たもんだ。
よく生きてこれたもんだ。

前職の退職を決めたのが2008年。辞めると決めてから実際に辞めるまで半年以上ありました。退職〜独立イコール起業と勝手に思い込んでた2008年でしたが、ちょうどその半年の間にリーマンショックとかいうビックイベントが起きまして、会社作るのに日和りました。

というわけで、個人事業主としての僕が誕生したわけです。

2009年〜

Web プログラマーという肩書きでスタートしたフリーランス生活は、おれおれ CMS 開発の受託でスタートしました。

その当時は、WordPress も Ver2系がメインで、ブログ以外の用途としては使い物にならないレベル。商品カタログ・求人やギャラリー系の CMS はオリジナルで開発せざるを得ない時代でした。

2011年〜

Twitter やら Facebook の API 連携システム開発の仕事がぼちぼち出始めたころ。

当時は API 利用の規約も緩く、やりたい放題w

動画観てるあいだにポチポチクリックしたらその裏で全部ツイートしてたり、おみくじ的なコンテンツをやったらその結果にあわせてシェアしたり。
キャンペーン系の受託が多かったので、一番楽しく開発できた時期だったかもなぁ(遠い目)。

2014年〜

WordPress もようやく Ver4系になり、ブログツールから CMS として利用できるレベルまで成熟してきました。

当然おれおれ CMS の開発も引き続きありましたし、SNS を利用したキャンペーン系の開発もありましたが、どんどんと WordPress のテーマ開発という仕事が幅を利かせてきたのがこの時期。

単価もどんどん安くなってきました(汗

2016年〜

この時期からはもうほぼ WordPress 屋さんです。
というより、カスタムフィールド製造業

俺なにやってんだ?的な妄想に取り憑かれます。

2018年〜

引き続き WordPress 屋さんですが、WordPress の組み込みができる人も多々おり、受注先の制作会社が減ってきます。

焦ります。

なんかやんなきゃ!って思います。

ドローン始めましたw

撮影に耐えうるドローン買うとかは大前提だけど、FPV やるんだったらアマチュア無線技士4級が必要と言われれば取得しに行き、業務で使うんだったら陸上無線技術士3級が必要と言われれば取得しに行き、航空局へ飛行申請するのに10時間の訓練が必要と言われればスクールに通って訓練してきました。

でもね。フリーランスでドローン撮影とかの仕事をするっての、限界を感じました。

高価なドローン1台持ってても、現場で調子悪いとまずいので予備機を準備しとかなきゃ!とか、撮影現場に第三者が入ってこないように監視スタッフ準備しとかなきゃ!とか、ドローン飛ばす人と撮影する人は分けたほうが安全だよね、とか。

やっぱ数人体制でやんなきゃなぁって考えると、諦めムードです。
結構な金額と時間を使ってしまったけど、もうただの趣味ってことになってます(何処で?)。

2019年〜いま

なんか変えなきゃなぁって思いながら、何に突入していけばい良いのか見つからない。悶々としている真っ最中です。

自分探しの旅にでも出たい気分ですけど、まぁそこは我慢して、今年もがんばります。

おそらく今年も WordPress 屋さんです。

P.S.
お父さん、お母さん、今年から週一の休肝日をもうけましたよ。

Twitter API を使ったお仕事を卒業しようかと思います。

Twitter様、Facebook様におかれましては、御社ご提供のAPIを利用したWebキャンペーンのシステム開発などで大変お世話になりました。
ぼくの周辺には、APIを利用したシステム開発を好んでやる人がいなかったため、ありがたくお仕事として頂戴しておりました。

時世の流れが、キャンペーンなどにSNSを利用する機会が少なくなったため、ぼくへのお仕事発注の数も少なくなっておりましたが、ありがたいことに先月に2件ほどのお仕事をいただいたので、久方ぶりにAPIをこねくりまわしてゴニョゴニョやっておったのですが。

残念ながら2案件ともトラブルに見舞われました……。

その1:画像付きツイートを取得しても、Twitter APIから返ってくるJSONに画像情報が入っていない場合がある

理由はわかりません。条件もわかりません。

「画像つきでツイートしたのに、管理画面に表示されませんよ!!」
今まではなかったことです。もしかしたら気づいていなかっただけかもしれません。たまたま営業さんがそのキャンペーンのテストで画像付きのツイートをしたのに、そのキャンペーンの管理ページで画像が表示されないのです。
公式ドキュメントによると、画像つきのツイートの場合、mediaとかextended_entitiesとかいうパラメータがついてくるはずなのに、そのデータが取得できないのです。
もちろんその営業さんがいうとおり、TwitterのWebページを見ると、ちゃんと画像付きでツイートされています。

謎です。

APIがちゃんとしたJSONを返してくれない以上、ぼくもそれ以上何もできないのですが、今回は例外的にアレとかソレとかゴニョゴニョして、どうにかこうにか画像を取得することはできましたが、たぶんルール違反なのでここでは説明しません。

その2:ハッシュタグで検索した結果を取得するにも、検索結果に含まれないツイートが存在する

理由はわかりません。条件もわかりません。

ぼくのアカウントでログインしたTwitterのページでハッシュタグ検索した結果と、担当ディレクターさんのアカウントでログインした場合の検索結果が違うんですよね。
で、クライアントさんのアカウントでログインした場合の検索結果と、APIが返す検索結果が異なると、「バグです」ってなるわけです。
APIから取得できる検索結果は、Twitterのウィジェットと同じもので、クライアントさんが検索した結果とは違いますよ!って言っても納得してもらえる訳がない。

てなわけで、Twitter API を使った案件は、もうなんか無理なんじゃないかと。
てな感じの近況報告でした。

中古スマホを買う時は、必ず事前にSIMロックフリーか確認すべし。

昨年後半、ウチの奥さんはソフトバンクから FREETEL の乗り換えた。
もちろん、毎月の携帯代金を節約するため。

ボクはもう秋頃から FREETEL ユーザーだったし、同じくソフトバンクから FREETEL の乗り換えたくちなので、先輩として、奥さんの乗り換えの付き合った。
まずは転出願い。
職場近くのソフトバンクショップへ立ち寄り、奥さんが持ってる使用している iPhone を店員に見せ、FREETEL に乗り換えるから転出させてくれ、あわせてSIMロック解除も頼む、と申し出た。

店員「この iPhone。SIMロック解除できないですよ。いつごろ買われました??」
ボク「……、はい??」
店員「SIMロック解除できるのは、iPhone6s 以降なんですが……。」
ボク「これ iPhone6s plusでしょ?」
店員「いやぁ……、いつごろ買われました??」
奥さん「ちょうど2年前くらいで」
店員「iPhone6 plusではないでしょうか……。」

(;・∀・)

SIMロック非対応の機種でした。
ひとまずこの日は転出を諦め、どうやってSIMロックフリーのスマホを手に入れるか問題の解決を見つけることになりました。
自分のことじゃないのでかなり放ったらかしにしてましたが、ウチの奥さんは、ソフマップで中古のiPhone6s plusを買ってきました。

それから無事、夫婦共々 格安SIM生活が始まったのです。
ボクにおいては、ほとんど音声通話はしないし、屋外で動画鑑賞する趣味もなかったので、月々2,000円を超えることは無いし、奥さんは仕事柄音声の電話を頻繁にすることはあるけど、それでも3,000〜5,000円という格安生活を送ることができていました。

つい先週までは……。

ゴールデンウィークに、小さな、とても小さな問題が発生したのです。
続きを読む 中古スマホを買う時は、必ず事前にSIMロックフリーか確認すべし。

Backlog→Hubot→Slack通知のCoffeeScript

そろそろslackも活用せないかんなぁと思って、いろいろゴニョゴニョやってみて、結構な活用方法やノウハウがネット上に転がってます。

んで、Backlog→Slackへの通知(bot)に関する情報となると、なぜかミニマムな情報しかない。
(課題の追加・編集だけを通知、みたいな?)

http://d.hatena.ne.jp/itog/20150226/1424939686あたりを参考にさせていただき、通知内容を充実させてスクリプトを晒してみる。

課題関連やWiki関連、git関連の通知フォーマットがまったく異なるので、そのフォーマットにあわせてslackに吐き出す部分の追記・修正が主なところ。ご参考になれば。

※HubotやらHerokuについての情報はGoogle先生に聞いてみてください

MySQLって美味いの?SQLiteでいいんじゃね?

なんかねぇ。

Webの仕事してるとさぁ。
「サーバ情報ください」ってお願いすることあるんだよねぇ、当たり前だけど。
んでさぁ。やっぱりFTPの情報しか教えてくれない人、いるんだよねぇ。
「DBも利用するので、MySQLのアカウントもください」っていうとさぁ。
「システム部に確認するから待っててね」って言われて、そのまま待ちぼうけな場合もあるんだよねぇ。
直前になって「お、Oracleっすか!?」ってなって、開発環境が組めない、とかさぁ。

となるとさぁ。

もうSQLiteでいいんじゃね?って思うわけ。

CSVならどんな貧素なWebサーバでも動くから間違いないんだけど、ロックが大変だからやりたくないんだよねぇ。

とかモヤモヤ考えている憂鬱な月曜の朝でした。