OSX(El Capitan)で、MAMPのPHPをコマンドラインで実行するのが面倒なので、シンボリックリンクで便利に繋げてみた。

絶賛MAMP PROユーザーです。(たった59USDで劇的に便利になるのに意外と周りの人が使ってない……)

で、最近のPHPでの開発となると、コマンドラインでPHPを叩いてテンプレートを作成する!みたいな便利機能が多いです。
で、絶賛MAMP PROユーザーなので(しつこいw)、OSXのコマンドラインから叩くPHPと、実際にブラウザ経由で走るPHPのバージョンが違ったり、DBに接続する方法が違ったりと面倒なことに直面します。

今までは、

みたいに長々とMAMPのPHPのフルパスを打ってた(なぜ!?)んだけど、いい加減ちゃんとやれよ!と怒られそう(誰に?)なので簡便化してみました、というご報告。

まず、Googleさんに聞いてみたら、それらしい記事をご紹介いただいたので、そのままやってみたら、Operation not permittedって怒られる。
なんで?とよくよく見てみたら、その記事の冒頭にちゃんと「怒られた方はこちら」ってちゃんと書いてた。

ようするにEl Capitanの場合、Rootlessというセキュリティ機能が追加されて、/usr/binへの変更ができないんだそうです。

先の記事だと「その機能を無効にしちゃおうぜ!」って方法なんだけど、さすがにそれはヤダ。

というわけで、自分のユーザーディレクトリに各MAMP PHPのバージョンのシンボリックを配置しちゃおうぜ!ってのが本題です。
(前振りが長くて申し訳ありませんでした)

続きを読む OSX(El Capitan)で、MAMPのPHPをコマンドラインで実行するのが面倒なので、シンボリックリンクで便利に繋げてみた。

OS X(Lion)にPHPのエクステンションmcryptをインストールするメモ。

はい、備忘録です。

DBサーバ上に暗号化した状態で放り込んだデータをどこで複合する?ってな話になったワケですよ。
サーバ上に一覧を閲覧する管理ツールを設置するのもヒヤヒヤもんなので、複合作業はローカルでやろうって腹積もり。

ローカルで走るPHPを書いたは良いんだけど、暗号化・復号化に使うmcryptってのがウチのOS Xに入ってなかったので、使えるようにする備忘録です、はい。

続きを読む OS X(Lion)にPHPのエクステンションmcryptをインストールするメモ。

ImageMagickを利用して、PDFの表紙(1ページ目)のサムネイルを作成する。

はい、備忘録です。

コマンドから、

でJPGEに変換可能。
たとえば10ページのPDFを変換すると、sample-0.jpg 〜 sample-9.jpgというJPEGが作成されるので、

とやれば、sample.jpgという1ページ目だけを作成可能。
だけど、サムネイルとして利用するにはサイズが大きいので、

とすれば、縦横100pxに収まるサイズでリサイズされる。もちろん縦横共に指定することは可能で、

とすれば、320×240の中に収まるようにリサイズされる。
→縦長のPDF書類であれば、縦が240pxとなる。

続きを読む ImageMagickを利用して、PDFの表紙(1ページ目)のサムネイルを作成する。

2011年前半のWP3.2ではPHP5.2がサポート範囲だそうで。

いやぁ別にいいんですけどね。

ボクが仕事でもプライベートでも使う大半のサーバはCentOS5なんですけど、そのパッケージ管理yumで(普通に)インストールできるのはPHP5.1.6なんすよねー。

ロリポとかさくらなんかのメジャーな共有サーバは問題ないんだろーけどさ。

業務用の専用サーバとかだとどーするんだろか。

お名前.comのVPSで、メールの内容をプログラムに転送。

はい。備忘録です。

以下、自己責任でお願いね。

まずは、VPSのコントロールパネルから、目的のメールアドレスを登録。
(これは必要かどうか不明)

/etc/postfix/virtual_alias_maps に次の1行を追加

(メールアドレスを変換の意)

この設定を、

で、virtual_alias_maps.db を更新。

で、変換後のregist で受信したメールの内容をプログラムに渡す。
/etc/aliases に次の1行を追加

この記述の後に

を忘れずに。

最後に

(postfixの再起動)で完了。

続きを読む お名前.comのVPSで、メールの内容をプログラムに転送。