Google Codeの閉鎖に伴い、設置済みajaxzip3が2016年1月死亡確定。引き続き利用するにはjsの読み込みをgithubに変更が必要。

特に関係ないわ〜ってスルーしてたんですが、今月の初旬にGoogleのサービス閉鎖のニュースが配信されておりました。

Bidding farewell to Google Code

Beginning today, we have disabled new project creation on Google Code. We will be shutting down the service about 10 months from now on January 25th, 2016. Below, we provide links to migration tools designed to help you move your projects off of Google Code. We will also make ourselves available over the next three months to those projects that need help migrating from Google Code to other hosts.

Source: google-opensource.blogspot.jp/2015/03/farewell-to-google-code.html

2016年1月26日に完全に終了するとのこと。

続きを読む Google Codeの閉鎖に伴い、設置済みajaxzip3が2016年1月死亡確定。引き続き利用するにはjsの読み込みをgithubに変更が必要。

jQuery(というかJavascript)でヒートマップ(っぽいもの)を作ってみたよ。

普通のデザイナーさんならFlashで作るんでしょうがね(^^ゞ
特に難しいことはやってないんだけど、ネット上で探してみても誰もやってなさそうなので晒してみましたよ。

※白地図は「白地図、世界地図、日本地図が無料【白地図専門店】」から拝借。ちょっと古いみたいで、八女市が合併前の地図になってます。
※ヒートマップのデータは「福岡県警察 交通事故統計資料」の平成23年9月末現在のデータより、事故件数を拾ってます。

ソースは続きで。

続きを読む jQuery(というかJavascript)でヒートマップ(っぽいもの)を作ってみたよ。

消えたjQueryプラグイン「GalleryView」を追え!

ボク的には結構お気に入りだったjQueryプラグイン「GalleryView」を配信していたサイトが「This Account Has Been Suspended」というメッセージだけを残して消えてす。管理人の@jackwandersも、2011年3月15日のツイートを最後に沈黙してます。とは言っても年に数回のリリース告知しかツイートしてない人ですが……。

[追記 2012.02.15] いつのまにやらjQueryプラグイン「GalleryView」を配信していたサイトがさらにパワーアップして復活しとります!!

jQuery Pluginsのサイトの検索にも引っかからないので、結構探すのに苦労しそう。

GalleryView公式サイトで公開していた多くのサンプルが昇天してしまったので、Googleのキャッシュ等からなんとか復活の呪文を唱えてみます。

※サンプルの画像はlorempixum – placeholder images for every caseから拝借してます。
※以下の和訳は超いいかげんなので、間違いがあっても笑って見過ごしてくださいw

続きを読む 消えたjQueryプラグイン「GalleryView」を追え!

WYSIWYGエディタ選考会にて、CKEditorを評価してみました。

(仰々しいタイトルですが、ただお試しで使ってみただけです。すみません)

クライアント様から「WYSIWYGエディター入れてくれや。画像もアップロードできるやつね。ヨロ!」てなオーダーが来たのでさっそく調査。

「WYSIWYGってなによ!」って人はこちら

数年前にWeb制作会社所属のときにもよく使ってたTinyMCEを入れてみたけど、日本語化のプロジェクトが中途半端で、かつ、プラグインで対応できてた画像アップロードや管理機能が有料になっとるんで却下。

日本語インターフェイス対応で、その日本語が不自然じゃなくて、機能的にシンプルなもので、画像アップロード&管理ができるWYSIWYGエディターを探してたら、CKEditorに遭遇。ちょいと前まではFCKEditorと名乗ってたみたい。なんとなく聞き覚えあるなぁ。とりあえず使ってみた。

続きを読む WYSIWYGエディタ選考会にて、CKEditorを評価してみました。

いつのまにかajaxzipが進化して、メンテ不要の住所入力支援ツールになっててビビった件。

Google Codeの閉鎖に伴い、2016年以降、この記事のとおりにやっても動作しません!対応方法はこちら。
Google Codeの閉鎖に伴い、設置済みajaxzip3が2016年1月死亡確定。引き続き利用するにはjsの読み込みをgithubに変更が必要。

ボクぁ超レベルの低いWeb系エンジニアを自負しているんですけど(?)、よくフォームの制作時に「郵便番号入力したら住所が自動で入るヤツ、あれ入れてください」って言われてて、右こめかみの血管を何本も逝かせたもんです。

通常は、Webページ側にAjax仕込むのは当然として、サーバサイドにも住所を返すアプリを設置する必要がありました。とはいっても、郵便番号に対応した住所を返すというシンプルなもの。

ただし。

知ってるか知らんかわからんけど、郵便番号ってのは毎月更新されるものなんです。日本郵便が提供しているこちらの郵便番号データベースを見れば一目瞭然なんですけど、日本のどこかで、頻繁に市町村の統廃合とか、区画整理が行われてるんですよね。これがCSVでのダウンロード提供されているもんだから、実際の住所支援入力ツールを作ったとしても、その郵便番号の管理は自前でやんないといけなかったんすよ。

それがいつのまにかオートマッチク化されてビビりました。それも一年以上前から……。

導入方法は簡単で、

続きを読む いつのまにかajaxzipが進化して、メンテ不要の住所入力支援ツールになっててビビった件。