中古スマホを買う時は、必ず事前にSIMロックフリーか確認すべし。

昨年後半、ウチの奥さんはソフトバンクから FREETEL の乗り換えた。
もちろん、毎月の携帯代金を節約するため。

ボクはもう秋頃から FREETEL ユーザーだったし、同じくソフトバンクから FREETEL の乗り換えたくちなので、先輩として、奥さんの乗り換えの付き合った。
まずは転出願い。
職場近くのソフトバンクショップへ立ち寄り、奥さんが持ってる使用している iPhone を店員に見せ、FREETEL に乗り換えるから転出させてくれ、あわせてSIMロック解除も頼む、と申し出た。

店員「この iPhone。SIMロック解除できないですよ。いつごろ買われました??」
ボク「……、はい??」
店員「SIMロック解除できるのは、iPhone6s 以降なんですが……。」
ボク「これ iPhone6s plusでしょ?」
店員「いやぁ……、いつごろ買われました??」
奥さん「ちょうど2年前くらいで」
店員「iPhone6 plusではないでしょうか……。」

(;・∀・)

SIMロック非対応の機種でした。
ひとまずこの日は転出を諦め、どうやってSIMロックフリーのスマホを手に入れるか問題の解決を見つけることになりました。
自分のことじゃないのでかなり放ったらかしにしてましたが、ウチの奥さんは、ソフマップで中古のiPhone6s plusを買ってきました。

それから無事、夫婦共々 格安SIM生活が始まったのです。
ボクにおいては、ほとんど音声通話はしないし、屋外で動画鑑賞する趣味もなかったので、月々2,000円を超えることは無いし、奥さんは仕事柄音声の電話を頻繁にすることはあるけど、それでも3,000〜5,000円という格安生活を送ることができていました。

つい先週までは……。

ゴールデンウィークに、小さな、とても小さな問題が発生したのです。
続きを読む 中古スマホを買う時は、必ず事前にSIMロックフリーか確認すべし。

Backlog→Hubot→Slack通知のCoffeeScript

そろそろslackも活用せないかんなぁと思って、いろいろゴニョゴニョやってみて、結構な活用方法やノウハウがネット上に転がってます。

んで、Backlog→Slackへの通知(bot)に関する情報となると、なぜかミニマムな情報しかない。
(課題の追加・編集だけを通知、みたいな?)

http://d.hatena.ne.jp/itog/20150226/1424939686あたりを参考にさせていただき、通知内容を充実させてスクリプトを晒してみる。

課題関連やWiki関連、git関連の通知フォーマットがまったく異なるので、そのフォーマットにあわせてslackに吐き出す部分の追記・修正が主なところ。ご参考になれば。

※HubotやらHerokuについての情報はGoogle先生に聞いてみてください

MySQLって美味いの?SQLiteでいいんじゃね?

なんかねぇ。

Webの仕事してるとさぁ。
「サーバ情報ください」ってお願いすることあるんだよねぇ、当たり前だけど。
んでさぁ。やっぱりFTPの情報しか教えてくれない人、いるんだよねぇ。
「DBも利用するので、MySQLのアカウントもください」っていうとさぁ。
「システム部に確認するから待っててね」って言われて、そのまま待ちぼうけな場合もあるんだよねぇ。
直前になって「お、Oracleっすか!?」ってなって、開発環境が組めない、とかさぁ。

となるとさぁ。

もうSQLiteでいいんじゃね?って思うわけ。

CSVならどんな貧素なWebサーバでも動くから間違いないんだけど、ロックが大変だからやりたくないんだよねぇ。

とかモヤモヤ考えている憂鬱な月曜の朝でした。

ベランダ緑化も落ち着いたので、ベランダでBBQなど始めてみた。

ベランダがあると、インドア生活が少しだけ、ほんの少しだけアウトドアっぽくなります。

去年から始めたビオトープやグリーンカーテン。
緑があると、少しだけ「ほっ」とします。

で、そこで飲むビールなどがとても美味い!
風呂あがりには、間違いなくベランダに直行して、まだ引かない汗を拭いながら飲むビールが最高なのです。

が。

ほら、ぼくって肉が好きじゃないですか。
なのに、家で焼肉するの、嫌いなんですよね。
臭いがこもるから。風通しが良くても、やっぱり臭いはこもるんです。

てことは。

「ベランダを楽しむ」と「肉が好き」が交わると、「ベランダでBBQ」になりますよね?

買ってみました。

本格的にBBQを楽しむのなら炭火BBQセットなんでしょうが、マンションのベランダで炭をおこすと、たぶん、間違いなく怒られます。

20150608_02
あと、この炉ばた大将だと、もれなく焼き鳥もできる!という特典付き。

もう何度か楽しみましたが、これはもうオススメですよ。

WordPressに飽きたんだけど、なんかいいCMSある?(なさげだけど)。

ここ最近、暇。

原因は主に2つ。
長く付き合っていたクライアント(制作会社)と縁を切ったこと。
飯の種(客の要望に合わせたオリジナルCMS開発や、SNSを絡めたキャンペーンサイトのシステム開発など)のブームが去ったこと。

まぁそんな訳なので、いろいろ検証する時間が確保できまくりで、なんかいろいろなことが見えてきました。

みんな大好きWordPress!

もうデザイナーさんレベルでサイトが構築できちゃうから、ぼくみたいなプログラマーは用なし。
独自のCMS開発に予算突っ込めるほどリッチなクライアントさんもいない。

なので、意外と開発者が少なめで、WordPressでサイト構築してる人らがちょっと困っていることをカバーしているツール(CMSとか)ないかなぁ〜と探してたら、まぁちょっとマイナーだけど使えそう!というCMSが幾つかありました。
まぁ具体的には挙げないけど、3つほどピックアップして、触ってみました。

触ってみるからには、何か目標を。
WordPressの公式テーマである「Twentyfifteen」の完コピ。
HTMLやCSSの実装はもちろん、CMSが提供しているデザインカスタマイズも組み込みたい。
たとえばTwentyfifteenのカラースキームを、検証対象のCMSのデザインカスタマイズ機能で組み込んだり、とか。

結果。全滅。

まず、管理画面がダサい。とにかくダサい。恥ずかしくて納品できないレベル。

で、まぁ我慢できるレベルだと感じた唯一のものがconcrete5でした。(日本語メンバーの活動も盛んみたいで、コミュニティに質問投げたら速攻でレス付きましたw)

concrete5本家
concrete5日本公式

でもね。でもね。
4月から1ヶ月ほどゴリってみましたが、やっぱ無理でした。

考え方が間違ってるのかもしれないけど、例えばWordPressを使ってサイト構築する場合(クライアントワークです)、
・テーマ作成
・適切なプラグインの導入
・足りない機能はfunctions.phpで追加したり、独自のプラグインを開発
で足りる。ウィジェットは使わない。

だけど、検証してみたconcrete5は、基本的なテーマカスタマイズはOKだけど、その中の要素(テキストエリアだとか画像の埋め込みやら)ってのがWordPressのウィジェットみたいな感じ。ドラッグアンドドロップでサイトができちゃいますよ!的な。

ウィジェットみたいなもんだから、その部分のHTMLやらCSSがブラックボックスみたいになってて、HTMLの構造やらクラスやらIDやらが変更できないとか、変更できたとしても完璧じゃない(一部はそのCMSの仕様に準拠したり、テンプレートを選択するなどの更新者のひと手間が必要だとか)ものが多い。

改めて向き合ってみると、WordPressは自由度が高い。
テーマファイルも、結局はPHPだし、WordPressの内部関数もオープンになってるから、テーマから無理やり呼び出してどうにかこうにか希望の機能が実装できる。WordPressの外からWordPressの関数が呼び出せるのもまた良い。

そんな訳で、やっぱり原点回帰。
WordPressをより深く学んでみるモードに入っています。

現在、これ( ↓ )が電子書籍化されているのを待っているところです。(願わくばKindleで)

詳解 WordPress
詳解 WordPress

posted with amazlet at 15.05.19
プライム・ストラテジー株式会社
オライリージャパン
売り上げランキング: 8,891