2014肉フェス at 鳥飼八幡宮。

肉が好きです。だから寺門ジモンの生き様も好きです。

なんのこっちゃわからん書き出しですみません。

今年はじめての開催なのか、なんでフェスなのか、なんで出演アーティストに面白法人のCEOが並んでいるのか、謎だらけですが、まぁ美味い肉が食えるのは間違いなさそうなので、とにかく肉フェス行ってきました。

20141020_02第一の目標肉は「さめじま精肉店」の贅沢牛串1,000円也。

フェスの開始が10:30なので、火起こしもあるだろうし、開始と同時に行っても食えないだろうという甘い考えのもとに11:00現着のスケジュールで参戦したのですが、到着と同時に目に入ったのは尾崎牛バーガーの行列。
その行列を不安げに見ながら奥へ進み、さめじま精肉店の行列を探してみると、やっぱり長い行列。そしてアナウンス。

「さめじま精肉店の贅沢牛串は、おそよ1時間半の待ち時間となっております」

はい、初戦不戦敗。(とりあえず写真だけは撮ってみたけど、辛い思い出になりました)

20141020_03もう初戦で敗けているので、とにかく行列が短い店舗。5分以上は並ばないというルールでゲットした戦利品がこれ。

KINOSHITA×赤たんの鴨胸肉のロティ(?00円)。
hubのさつま鶏の炭火焼(?00円)。
WITH THE STYLEの牛ロース寿司(2貫500円)と牛テールスープ(500円)。
上の2つはウチの奥さんが買ってきたので値段がおぼろげ。800円とか1,000円だったような……。

生ビールも500円、鳥飼ハイボール(なんとHennessy!?)も500円。

コスパが非常に高く大変満足なイベントでした。
フェスに行ったのに、ステージ前で立ち止まりすらしなかったのは内緒です。
1時間ほど肉を満喫し、そのまま帰宅して、ビール飲みながらゴロゴロしてたのも秘密です。

スポンサードリンク