2012佐賀インターナショナルバルーンフェスタ。

先週末、低山部で雷山に登ってきたので、あぁ忘れないうちにブログ書かなきゃなぁなんて思って、写真を整理しようと思ったら、月初にバルーンフェスタに行ってたこと忘れてて、あわてて更新。あぁオクトーバーフェストの写真もあるわ。これも書かなきゃ(汗。

バルーンフェスタに行ったことがある人はご存知かと思いますが、数日間、朝7時からの競技と、お昼15時からの競技があります。その他の時間もイベントがあるからいろいろ楽しめるんだけど、やっぱり競技が一番興奮するのね。

で、やっぱり気球。
気流の関係で、突如競技中止ってことが頻繁にあります。この佐賀インタナショナルバルーンフェスタの場合は、競技の可否は30分前までわかりません。福岡から佐賀まで、まぁ1時間もかからないんだけど、来てみたら中止!ってことはよくあることなんですねぇ〜。

んで、朝の競技と昼の競技を比較した場合、昼の競技の中止になる確率が断然高い!
というわけで、毎年朝7時の競技を見るために朝4時起きしているわけです。

当然バスも走ってません。真っ暗な中、タクシーで博多駅まで移動。

博多駅に着いたら、改札の時点ですでにバルーンフェスタモード。写真には写ってないけど、バルーン目当ての人がたくさんいます。朝6時とは思えない。

バルーンフェスタ開催期間だけ、限定的にオープンされるJRバルーンさが駅でようやく朝日を拝みます。

空は真っ青、風も穏やか。競技気球がぞくぞく準備中。

もこもことキノコの如く立ち上がっていき、

フライト。

左下に「ごみステーション」が見切れているのが勿体無い。

ものの30分くらいで気球は遠くへ飛んでいきます。
この30分間は「ウヒョヒョヒョ〜〜〜!!」って言いっぱなしですw

で、やっぱり締めはヤキニク。

このイベントではたくさんの出店・屋台が軒を連ねており、B級グルメがたくさん楽しめます。

そのなかでも毎年挑んでいるのはJAさんが出しているヤキニクテント。佐賀牛を堪能。至福。
まだ朝9時前だけど、ビールと佐賀牛でほんのりいい気持ちになって、その後イベント会場グルグル周って、疲れ果てて帰りますが、それでもまだ午前中。午後は壮絶な昼寝という文化の日の過ごし方でした。

スポンサードリンク