フィリピン(セブ)語学留学:4コマ目。MULTI-MEDIAクラス。

こんな感じのティーチャーRickeyですが、ゲイではありません(たぶん)。
フィリピンってぇ国は、ゲイが国から認められているんだけど、そのせいかゲイがやったら多い。国に認められるとここまで開放されるのか、と驚嘆。

以前のエントリーで、MULTI-MEDIAクラスではCSSなんかのニュースや、FOXのショートコメディーを見て、それをテーマにディスカッションすると書きました。
が。このRickyのMULTI-MEDIAクラスでは、週に1回くらいしか見ることはありません。
その他の日はというと、なぜか男女の関係についての箇条書きがホワイトボードに書いており、それをテーマにディスカッションしています。

例えば、
・いつも恋愛を終わらせるのは男?女?なんで?
・好きだけど貧乏な人、好きじゃないけどスーパーリッチ。結婚するならどっち?
とか。

なんでいつも恋愛ネタなんだよ!と突っ込んだ人はまだ誰もいません。

このクラスは一応グループクラスになっており、ティーチャーRicky。生徒はボクと、Anna, Michael, Ko, Diana, Hanna, Masumi, Anneの8名。
ちなみにそのうちDianaは先々週、Hannaは先週、Masumiは今週卒業していきました(来週はボクが卒業予定)。

まさに「Rickyショー」という名前がふさわしく、Rickyが場の雰囲気をガッツリ盛り上げます。
「ヘイ!シチュモン、アル?」「ヤァ〜、アニアニィ〜」など、日本語と韓国語をちょいちょい織り交ぜクラスのみんなに満遍なく会話を振っていき、とても楽しく1時間が過ぎていきます。

が、しかし。

これらが英語スキルの向上に繋がるかと言えば……。
微妙な感じ……。

これで午前中のクラスは終了。
お昼のカフェテリアでは席取り合戦。
ボクのカリキュラムでは、お昼休みが2時間となっているので、飯食ったら宿題やったりシエスタしたりしています。

次回予告

次回は5コマ目、GRAMMER/READERグループクラス。昼イチのクラスは眠いよね〜。

フィリピン(セブ島)語学留学レポート

スポンサードリンク