中学時代の学び漏れ。

突然ですが、去年より英語を学び始めました。

きっかけは、事務所のオフィスビルが福利厚生と称して始めた英会話に参加させていただいたこと。これは継続して参加させていただいてます。A計画さんには感謝感激雨あられ。

んで、調子こいて、春から1ヶ月ほどフィリピンへの語学留学決定!

んで、決定してから焦り始めて、中学英語から学び直そう!と思い立ってからようやく2週間が経ちました。とりあえず中2のテキストから買って勉強してみましたよ。英語を学ぶために留学するのか、留学するために英語を勉強するのかようわからん状態。

自分で言うのも何だけど、中高大学と一応真面目に勉強してきただけあって、毎日30分程度のテキスト勉強で、すでに2学期のところまで突入しましたよ。スムーズに。当然知らない表現も皆無で。

んで、昨日。初めて知らない表現に出くわしました。39歳のおっさんが、中2の2学期の英語で知らない表現に出くわしました。正直、狼狽えましたよ。あまりに基本的過ぎて、その後の高校・大学のテストには出てこないような問題。

漏れ、ありますね。これからも。おそらくたくさん……。

ちなみに知らんかった表現とは、

  1. I must go home. (= I have to go home.)
    帰らなければいけない。
  2. I mustn’t go home.
    帰っちゃいけない。
  3. I don’t have to go home.
    帰らなくてもいい。

このBとCの違いを知らなかったという恥ずかしい話でした、ちゃんちゃん。

東京書籍版 ニューホライズン2 教科書ガイド
文 理
売り上げランキング: 6761

スポンサードリンク