何度目かな?motooLogueのデザインを変えてみましたよ。

あ、見りゃわかるだろ!?と思われるのを承知しつつ、デザイン変えてみました!ってエントリー。RSSで購読してる人もいるだろうし、デザイン変えてみましたよ!の履歴にもなるので。

もうね。いろいろ考えて、ですよ。昔々の640×480で収めなきゃならないWebデザインとか懐かしみつつ、最近はスマホもあるし結局似たような状況に戻ってんじゃね?とか考えつつ、

いぅぅぅんーーーぬーーーーっ!!!

って吹っ切れた結果、1カラムのサイトになりました。IE6なんて、まるで無視してますよ。あれってもう著作権切れなんですよね?(イミフ

今後ともご愛顧のほどよろしくお願い致しますm(_ _)m。

facebookアプリ開発用テストユーザー作成ツール。

【追記:2012.07.17】
このブログ上ではなく、Webサービスとしてテストユーザー作成ツールを公開しました。
fbSandbox
とは言っても、もうfacebookのアプリ管理画面から直接テストユーザーが作れるようになったみたいですけどね。
テストを募るけど、アプリ管理画面は知らせたくない!という時に、アプリIDと秘密鍵だけを知らせてお使いください。

facebookって、実名アカウント以外はbanされるということで、facebookのアプリを作る際には自分のウォールを汚しながらの開発でした。アプリからウォールに書きこんではウォールから削除の繰り返し。その間、他のユーザーから覗かれては「何してんの?」ということもしばしば。

Twitterは実名アカウントじゃなくても大丈夫なので、テストアカウント作り放題。facebookはなんでこうも面倒なの!?と思っていたら……、そりゃありますよね、当然。

公式のドキュメントはコチラ(Test Users – Facebook Developers)ですが、こちら(facenavi)では日本語で解説してくれています。

それでも、都度このオペレーションをやるのも面倒なので、ツール化しました。

↓こちらでどーぞ。

あくまで開発用のテストユーザーなので、実際のアカウントのようには使えません。以下のように縛りがあります。詳細はコチラ(Test Users – Facebook Developers)のLimitationsの章にてご確認のほど。

  • テストユーザーとしてログインしても、実運用中のアカウントは見えないし、友達申請もできないし、どうもこうもできません
  • テストユーザーはfacebookページにアクセスしても「いいね」できません。けど公開中のfacebookページを見ることはできますよ
  • 同開発者によるテストユーザー同士はアクセスしたりゴニョゴニョしたりも大丈夫
  • テストユーザーを通常のアカウントに移行することはできません

てな感じでそこんとこ夜露死苦。

追記:と、ここまで書いて投稿して、小粋空間さんテストユーザー作成ツール(フル機能版)を公開していたのを発見しましたので、こちらを使うほうが良いと思います(爆

ついにGALAPAGOSメディアタブレットがAndroid™ 2.3に!!

いやぁ、別にその配信が開始されたニュースを見たわけでもなんでもないんです。

「そういや、GALAPAGOSのメディアタブレットもスペック的にショボイし、EMのA01SHにでも乗り換えよっかな……。であれば、バックアップ取っとかないとな。」

って思って、VMwareのWindowsを起動して、GALAPAGOS Stationっちゅー管理ソフトをインスコせねば、と。
で、インスコしました、と。
で、立ち上げました、と。
で、こんな画面。

キタよ……。

続きを読む ついにGALAPAGOSメディアタブレットがAndroid™ 2.3に!!

Twitter APIの動作を確認できるtwitSandbox、最新版に対応。

去年から公開していたhttp://twitsandbox.com/ですが、結構な数のメソッドが非推奨になっていたり、いろんなパラメータが追加になっていたりで、SearchAPIが標準になっていたりと、この1年でかなりの変更がかかっていたにもかかわらず華麗に放置していたので、お仕事が一段落した先々週あたりから、アップグレードしてみました。

需要はかなり少ないと思いますが、誰かのお役に立てればこれ幸い。