低山部 Stage5.1: 若杉山~米ノ山~岳城山。

最初の疑問。「なんでStage5.1やねん!なんで5やないねん!」

はいはい、ブログの更新サボってました。実はね、Stage5、あったんです。
なんか面倒くさいので、【低山部】糸島の「住吉丸」で牡蠣まつり。 | taromagazine™というブログを見ればいいと思います。

はいはい、のっけから嘘付きました。
若杉山~米ノ山~岳城山が嘘です。若杉山~米ノ山岳城山が正解です。詳細後述。

で、本筋に戻りますが、4月10日(日)福岡低山部活動5.1回目は若杉山。部長の@urarakaをはじめ、副部長の@usam1111@kanekomegane@usao、んでオレ。

博多駅で集合して首尾よく(?)スタート。

はい、まずファーストトラブル。コンデジ(初代GR DIGITAL)持ってきましたが、電池が入ってませんでしたー、残念。というわけで、今回の低山部レポートはすべてiPhoneによる撮影となります。悪しからず。ま、途中で途絶えますけどね。詳細は後述(また!)。

はい、セカンドトラブル。えーーーっと。計5名参加のStage5ですが、↑の写真には、ボクを除いた2名しか写りこんでないです。@usam1111@usaoが遅刻しました。寝坊しました。社会人としてあるまじき寝坊をしました。

@usam1111の遅刻のせいで、約30分遅れでスタート。あん?なんで遅れたか?その遅刻のせいで、縦走予定の米ノ山は省略されることになりました。全部遅刻のせいです。

お天気も良く、急遽日焼け止めクリームを買いに走るくらいの日差し。オレだけドラッグストアの試供品で済ませましたが何か?

ようやくスタートという登山道入り口着。この時点でまだ@usaoは寝坊遊戯続行中です。

休み休み、ゆっくりゆっくり登ります。だって寝坊した@usaoが後ろから追ってきてますからね。追いつけるように休憩挟みながら登ります。なんせ寝坊ですからね、仕方ないですね。

若杉山の上りはかなりの急勾配。ほとんどが階段。筋肉に乳酸がどんどん貯まっていきます。

休み休み、ゆっくりゆっくり登ります。だって寝坊した@usaoがまだ合流できないんですから。なんせ寝坊ですからね、ホント仕方ないですね。大人失格ですw

途中アグレッシブなコースもあり。ロープが張ってある危険なコースを@kanekomeganeが先に進み、それを笑いながら@urarakaが撮影しています。残酷な部長です。「がんばれ!大丈夫だ!」の声くらいかければいいのに。

と思いながら、ボクがこれを写真に納めるわけです。
(たぶんニヤついてます……)

そして山頂。ランチタイム。(かなり省略)
山頂で寝坊した@usaoと合流。かなりショートカットして山頂まで登ったようで。結果オーライだけど、やっぱり寝坊は人間失格です。

で、この若杉山の山頂は驚きの充実具合。
みんな山頂でのランチが楽しみで、各自おにぎり作ってきたり、買ってきたり、ほか弁(!)買ってきてたりしてたのに、食堂あるんじゃん!てな感じで。
持ってきたドリンクがなくならないように、分量調整しながら登ったのに、山頂には自販機あるんじゃん!てな感じで。
せっかくだからビール飲んでます。

…。

……。

………。

ボクの旅はここで終了です。

いろいろありました。

パラグライダー眺めたり、
犬と戯れたり、
カエルと戯れたり、
道に迷ったり、
足を痛めたり、
縦走予定の岳城山を断念したり、
桜眺めたり、
クジャク眺めたり、
博多の天然温泉に入ったり、
焼き肉食ったり。

でもボクのiPhoneの電池がここで切れました。
eneloopのスティックブースター(外付けバッテリー)も忘れました。

やっぱ圏外での電池の減りはスゴいです。しかもWiFiで接続してた日にゃぁ電池残量がカウントダウンのように削られていきました。

なのでここで終了です。

てなわけで。ちゃんとデジカメ持ってきて、ちゃんと最後まで電池が保った他のメンバーのブログで臨場感を味わうことを強くおすすめします。

>LOG » 二度目の登山で右膝死亡…脳裏をよぎる“引退”の二文字。 > 福岡低山部『若杉山681m』
beelablog – 低山部 Stage5.1 | 若杉山
低山部 「若杉山編」 – いたち じっけん室

スポンサードリンク