OSX(El Capitan)で、MAMPのPHPをコマンドラインで実行するのが面倒なので、シンボリックリンクで便利に繋げてみた。

絶賛MAMP PROユーザーです。(たった59USDで劇的に便利になるのに意外と周りの人が使ってない……)

で、最近のPHPでの開発となると、コマンドラインでPHPを叩いてテンプレートを作成する!みたいな便利機能が多いです。
で、絶賛MAMP PROユーザーなので(しつこいw)、OSXのコマンドラインから叩くPHPと、実際にブラウザ経由で走るPHPのバージョンが違ったり、DBに接続する方法が違ったりと面倒なことに直面します。

今までは、

みたいに長々とMAMPのPHPのフルパスを打ってた(なぜ!?)んだけど、いい加減ちゃんとやれよ!と怒られそう(誰に?)なので簡便化してみました、というご報告。

まず、Googleさんに聞いてみたら、それらしい記事をご紹介いただいたので、そのままやってみたら、Operation not permittedって怒られる。
なんで?とよくよく見てみたら、その記事の冒頭にちゃんと「怒られた方はこちら」ってちゃんと書いてた。

ようするにEl Capitanの場合、Rootlessというセキュリティ機能が追加されて、/usr/binへの変更ができないんだそうです。

先の記事だと「その機能を無効にしちゃおうぜ!」って方法なんだけど、さすがにそれはヤダ。

というわけで、自分のユーザーディレクトリに各MAMP PHPのバージョンのシンボリックを配置しちゃおうぜ!ってのが本題です。
(前振りが長くて申し訳ありませんでした)

続きを読む OSX(El Capitan)で、MAMPのPHPをコマンドラインで実行するのが面倒なので、シンボリックリンクで便利に繋げてみた。

スポンサードリンク

Tessel2が届いたので、叫んだらスマホに通知するような簡単なIoT実験をやってみた。

随分前から気になっていたIoT。やらねばやらねばと思っていたけどようやく着手できました。

2016年3月後半くらいに発売されたTessel2
まだ日本国内で触ってみた人は少ないみたい。

スタートガイドを見ながらやれば、なんの障壁もなくセットアップ完了。
Lチカみたいな軽い通過儀礼もなんなくこなし、あとは何しよっかなぁ〜とか思ってたら、「Webサービス同士を連携できる「IFTTT」と自作IoTデバイスを繋いで生活を便利にしてみた」という記事を見て、なるほどIFTTT経由でスマホに繋げばいいのか、と。

今回購入したのは、Tessel2本体とAMBIENTモジュール(環境センサー)なので、「わぁ!」って叫んだらIFTTT経由でスマホに通知する、みたいな。

IFTTTの設定については前述の参考記事に準じて、あとは下記のコードにて。

コードをTessel2にぶっこんだら、「わぁ!」って叫んでスマホに通知。

IMG_0013

何事も仕事に絡まない実験は楽しいw

WordPressの固定ページで、WP_Queryで記事を取得するもページネーション(the_posts_pagination)がうまく動作しない場合の解決方法。

ちょいと調べてみたけど、結構その対応手段がネットに公開されていなかったので、ソース調べてみた。

get_the_posts_pagination() 内で、$GLOBALS['wp_query']->max_num_pages が1以上じゃないと処理をしないのに、固定ページ内で WP_Query を回しても $GLOBALS['wp_query']->max_num_pages には値が入っていないのが原因。

なので、自分でぶっ込んでやれば良いみたい。

こんな感じ。(2016年1月28日現在。WordPressのバージョンは4.4.1)

Backlog→Hubot→Slack通知のCoffeeScript

そろそろslackも活用せないかんなぁと思って、いろいろゴニョゴニョやってみて、結構な活用方法やノウハウがネット上に転がってます。

んで、Backlog→Slackへの通知(bot)に関する情報となると、なぜかミニマムな情報しかない。
(課題の追加・編集だけを通知、みたいな?)

http://d.hatena.ne.jp/itog/20150226/1424939686あたりを参考にさせていただき、通知内容を充実させてスクリプトを晒してみる。

課題関連やWiki関連、git関連の通知フォーマットがまったく異なるので、そのフォーマットにあわせてslackに吐き出す部分の追記・修正が主なところ。ご参考になれば。

※HubotやらHerokuについての情報はGoogle先生に聞いてみてください